不動産売却の手数料

不動産を売却する場合には、仲介手数料がかかります。不動産を売却する場合の仲介手数料についてのトラブルを防止するためには、仲介手数料についての法令の規制や媒介契約を結ぶ際の注意点を把握しておきましょう。

不動産業者が受け取る仲介手数料は、上限額が宅地建物取引業法によって決まっています。そのため、不動産業者が仲介手数料として上限額をオーバーするようなものを受け取ると、法令に違反するようになります。また、基本的に法令で決められているものは上限額であるため、当然ですが上限額を受け取ることができるのではありません。

手数料不動産売買の仲介の場合には、仲介手数料を不動産業者が請求する権利が売買契約が成り立った際に発生します。このことを、成功報酬と一般的に呼んでいます。そのため、原則として売買契約が成り立つまでは、仲介手数料を不動産業者に払う必要はありません。

売買契約が成り立つと、仲介手数料を不動産業者が請求する権利が発生するため、例えば、全額の仲介手数料を売買契約が成り立った際に不動産業者が請求しても、法令に違反するということではありません。しかしながら、不動産売買の場合には、引き渡しまで契約を締結する時点では終わっていない場合が多いため、契約を締結する時点で50%の仲介手数料を払って、引き渡しが終った時点で残っている50%を払うのが一般的には望ましいと言われています。

本サイトでは、仲介手数料とは、不動産売却の際の費用、仲介手数料の減額、についてご紹介します。

次頁→仲介手数料とは

Pocket