仲介手数料の減額

不動産を売却する場合には、仲介手数料を不動産業者に対して支払う必要があります。仲介手数料は、売却金額の3%に6万円を合計した金額にさらに消費税がプラスされます。例えば、1000万円の売却金額の場合には、仲介してくれた不動産業者に仲介手数料として378,000円を支払う必要があります。

不動産売却しかしながら、この金額は不動産業者が仲介手数料として受け取ることが可能なものの上限になります。そのため、例えば、不動産の所有者の調査から金額を交渉して決定、ローンの融資の手続き、売買契約の段取り等の全部を任せたのか、あるいは交渉等は当事者間で全部行って、書類の作成だけを不動産業者に頼んだのかなど、どのくらい不動産業者にお世話になったのかという程度によって、仲介手数料の減額について交渉を行うこともできるのではないでしょうか。

なお、手続きが全て完了して仲介手数料を支払う段階になってから、例えば378,000円の仲介手数料を30万円にして欲しい等と言うのは、お店で買い物して全て商品を包装してもらった後で、値引きして欲しいと言うのと同じで、常識に反するようになります。

事前に契約する際に仲介手数料がどの程度かかるのかを確認してみて、不動産業者が示した金額をベースに、少し減額できないかお願いしてみるといいでしょう

Pocket

不動産売買の際の費用

不動産売却の場合に、最も費用が高いものはやはり仲介手数料です。では、不動産業者に払う仲介手数料というのはどのようなものなのでしょうか?ここでは、仲介手数料について詳細にご紹介しましょう。

仲介手数料仲介手数料というのは、不動産売買の場合に、不動産業者が仲介する場合に必要な費用です。仲手や仲介報酬などとも呼ばれる場合があります。不動産の中古のものを仲介する不動産業者にとっては、唯一の売買における収入です。仲介手数料の中には、売るための宣伝活動、重要事項説明書・契約書等の作成、買主との交渉、内覧の立ち会い等の費用が含まれています。プロの売買する不動産業者が仲介することによって、安全に個人の不動産を売却することができます。

この仲介手数料は、上限が法律によって決められています。そのため、仲介手数料として決められたもの以上を払う必要はありません。不動産業者に払う仲介手数料は、上限が売買の代金ごとに決められています。売買額が200万円以下の場合は仲介手数料が売買額の5.25%以内、売買額が200万円以上、400万円未満の場合は仲介手数料が売買額の4.2%以内、売買額が400万円以上の場合は仲介手数料が売買額の3.15%以内、というように決められています

次頁→仲介手数料の減額

Pocket

仲介手数料とは

仲介手数料は、不動産売却の場合に見落としがちなものです。では、不動産売却の場合の仲介手数料とはどのようなものなのでしょうか?

戸建て戸建ての場合でも、マンションの場合でも、土地の場合でも、不動産を個人が売る場合には、一般的には仲介業者に依頼するようになります。不動産をこの仲介業者である不動産業者を通して買ったり売ったりした場合、成功報酬を不動産業者に払うようになります。仲介手数料というのは、この成功報酬のことで媒介手数料とも言います。この仲介手数料については、上限が売買代金によって決められています。無事に不動産を売ることができれば、仲介手数料がその売買価格によって発生することを考慮して、不動産を売却するプランを立案するようにしましょう。

しかしながら、基本的に仲介手数料は成功報酬であるため、売買が成り立たないと払う必要はありません。契約が取り消しや無効になった場合も、報酬を不動産業者は要求することはできないということも知っておきましょう。また、広告費で販売活動において必要なものなどについては、この仲介手数料に入っていることはありません。また、別途このような販売活動のためにかかった広告費を払う必要もありません。

次頁→不動産売買の際の費用

Pocket

不動産売却の手数料

不動産を売却する場合には、仲介手数料がかかります。不動産を売却する場合の仲介手数料についてのトラブルを防止するためには、仲介手数料についての法令の規制や媒介契約を結ぶ際の注意点を把握しておきましょう。

不動産業者が受け取る仲介手数料は、上限額が宅地建物取引業法によって決まっています。そのため、不動産業者が仲介手数料として上限額をオーバーするようなものを受け取ると、法令に違反するようになります。また、基本的に法令で決められているものは上限額であるため、当然ですが上限額を受け取ることができるのではありません。

手数料不動産売買の仲介の場合には、仲介手数料を不動産業者が請求する権利が売買契約が成り立った際に発生します。このことを、成功報酬と一般的に呼んでいます。そのため、原則として売買契約が成り立つまでは、仲介手数料を不動産業者に払う必要はありません。

売買契約が成り立つと、仲介手数料を不動産業者が請求する権利が発生するため、例えば、全額の仲介手数料を売買契約が成り立った際に不動産業者が請求しても、法令に違反するということではありません。しかしながら、不動産売買の場合には、引き渡しまで契約を締結する時点では終わっていない場合が多いため、契約を締結する時点で50%の仲介手数料を払って、引き渡しが終った時点で残っている50%を払うのが一般的には望ましいと言われています。

本サイトでは、仲介手数料とは、不動産売却の際の費用、仲介手数料の減額、についてご紹介します。

次頁→仲介手数料とは

Pocket